青汁の成分

CMなどで「青汁」という言葉をよく耳にします。体にはよさそうだけど実際どうなんだろう…と思う方もいると思います。 ではまず、青汁はどのような成分でできているのでしょうか。青汁には原材料によっていくつかの種類にわかれます。 代表的なケールの青汁はビタミン・ミネラル・食物繊維などを豊富に含んでいます。また、解毒酵素が作られるのを助ける働きがある、 スラフォラファンやがんでできるのを防ぐといわれているイソチオシアネートも含まれています。そもそもケールという野菜はトマトの約5倍のカロテン、 みかんの約2.5倍のビタミンC、牛乳の2倍のカルシウム、サツマイモよりも多く食物繊維が含まれているとても栄養価の高い野菜です。

最近多く販売されるようになってきた青汁として大麦若葉を原料にしたものがあります。この青汁は特に食物繊維が多く含まれ、腸内環境を整える、便秘解消に効くといわれています。SOD酵素と言われる成分も含んでいます。SOD酵素は病気の原因といわれている活性酵素を害のない状態にしてくれるのでガンなどの予防につながります。 明日葉を原料にしている青汁は、カリウムと食物繊維を多く含んでいます。その為美容によく、女性に嬉しい青汁です。また、カルコンという成分も含んでいます。カルコンはポリフェノールの一種で老化防止やアンチエイジングに効く抗酸化作用を持っています。 代表的な3つの主成分を挙げましたが、青汁にはまだまだ様々な種類のものがあります。自分に合った青汁を探してみましょう。